2012年06月14日

МИР-1B 37mm F2.8 ロシア産

МИР-1B 2.8/37
04110711.JPG

<<Grand Prix Brussels 1958>>


※1952年に登場したCarl Zeiss JenaのFlektogon 35mm F2.8をベースに、1954年よりMIR-1として
 発売。今回はその後続機。

・1958年にベルギー・ブリュッセルの万博で、グランプリを獲得”したと言う過去の名誉(Grand
 Prix Brussels 1958)も有る銘レンズです。

外観デザインは幾度か変更されますが、基本設計に変更はなく、1954年"M39マウントのMIR-1"から、
同一光学系のまま2004年まで製造されていました。なお、工場は現在も残っていますが、レンズ
よりも銃の照準器や暗視鏡など、それならまだしもミシンや業務用オーブンも作る機械メーカーに
変貌してしまっている様子です。

難点と言えば、広角レンズなのに、マクロレンズなみにピントリングを回さなければいけなかった
り、撮影最短距離0.7mと、遠い事など上げられますが、フイルター径が49mmだったり、コンパクト
な固体デザインだったりと、捨てがたい所も十分あるレンズです。

個人的な意見、、、

13110711.JPG
・1952年に登場したFlektogon 35mm F2.8をベースに設計されてるレンズらしく、ピントの
 合ってるいる部分は、シャープかつ高コントラスト。ボケは、若干滲んだ感じで、オールド
 レンズらしさを楽しむには、持ってこいのレンズの様子みたいです。

01111017.JPG
・リバースさせて使う場合も、扱いやすい撮影倍率で、マクロを楽しむ事が出来ます。

13120514.JPG01110915.JPG
・ロシアレンズだと、軽視できない発色ですねっ。マニアの間でも、Carl Zeiss JenaのFlektogon
 35mm F2.8と見分けが付きにくいそうです(ミール1Bは、フレアーが若干発生しやすい)。

<<お勧め?>>
前玉のチョイ傷、絞羽の油シミ、等は我慢しましょう。逆に、後玉の傷や、醜い分解跡の付いた
固体は絶対に避けるべきです。それらを踏まえて、財布と相談すれば、買いか否やは答が出る
でしょう。

撮影最短距離が遠い(70cm)事も、M42マウントなのですから、簡単に対処できるでしょうし、
何よりも、変わったデザイン(扱いにくいですが、、)が良いと思いませんかぁ?
posted by 麗智那 at 15:28| Comment(0) | 広角レンズ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。