2012年06月18日

S-M-C Takumar 1:3.5/28 & S-M-C Takumar 1:3.5/35

S-M-C Takumar 1:3.5/35 & S-M-C Takumar 1:3.5/28
m01120618.JPG

<<M42らしさ、、が、、、無い?>>

M42マウントのレンズを使ってる人って、何を求めているのだろう?価格的に安い事から
{収集しやすい}、、。今のレンズに無い{ワビサビを求めて}、、、。

決して、なんとなくと言う人は、居ないと思うが、このレンズ達は、もしかしたら{魔が
さして、、、}。So!TAKUMARの文字につられて、単焦点レンズの画角を、全て揃えたくなっ
てしまった!からぁ~って人は、多いと思います。

なのに、、、
極普通な、その綺麗な写り具合から、箪笥の肥やし状態になってる人も、多いのでは?

個人的な意見、、、僕も実はその一人なのですが、、、今回、活用してみました。

m02120618.JPG

m04120618.JPGm05120618.JPG


m06120618.JPGm07120618.JPG


m08120618.JPGm09120618.JPG


m10120618.JPGm11120618.JPG


m03120618.JPG
この写真だけ、これのトリミングです。
今回、全て手持ち撮影で、一脚すら
使ってません。結構な撮影倍率の
マクロなのですが、リバースリングと、
接写リングNo.2又は、 No.3を使った
だけです。この時、残念な事に曇り空
で、コントラストは今一でした。

そそ、カメラ内蔵のフラッシュも
使いました。

カメラ内蔵フラッシュとは言え、立派なTTL機能が有りますので、色々複雑な計算は、
カメラ任せでOK!28mmレンズをリバースし、接写リングを足して、F8辺りでこの被写
界深度です。確かシャッタースピードはスローシンクロではなく、1/60だったと記憶
します。晴れだったら、、、。

<<お勧め?>>
レンズ設計だけは、もう少し古いとは思いますが、1972~79年辺りに売られていたレンズ
です。特に面白い描写は無しで、普通に綺麗な画質だと感じました。確かに、昔を感じ
させられる所も有るのですが、特に癖が有るわけではないので、あまりにも使う機会が
無さ過ぎレンズです。ただ、癖玉でリバース使いをしたら、それはそれで、あまり良い
写真とも思えないので、ツイツイ連れ出してしまいます。

タクマーの35mmはこの他に、f2のも有りますが、殆ど黄変しているので、その辺りが
気になる人は、コチラ”35mm f3.5”を買った方が良いかもしれません。
28mm f3.5に関しては、リバースしてマクロをして観たい人には、買う事をお勧めしますが、
もう少し予算を増やして、ドイツレンズやロシアレンズを買う事をお勧めします。
posted by 麗智那 at 23:05| Comment(0) | 広角レンズ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。